アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張> / APA hotel & resort Tokyo Bay Makuhari

地上180mから東京湾を見下ろせる50階だて2000室超の超大型アパホテル
 開店/更新: 2016年10月   創業/落成: 1993年   確認: 2016年12月20日 
apa_makuhari201212a.JPG
  • JR京葉線・海浜幕張駅(公称)徒歩5分(実感としてもう少し遠い)、地上50階高さ180mの大型ホテル。ホテル単体の建物としては日本最高層。
  • ホテル中央「セントラルタワー」4階は、まるごと「大浴殿 玄要の湯」と題された大浴場。檜風呂、うたたね風呂、滝湯など19個17種類ものお風呂があるという。宿泊客は無料。「ウエストウィング」「イーストウィング」にもそれぞれ大浴場や露天風呂が併設されている。
  • 夏季は屋外プールあり。平日大人3,000円/小人1,500円、土休日大人4,000円/小人2,000円
  • 幕張メッセ/マリンスタジアム至近の旧「幕張プリンスホテル」が2006年6月30日まででアパグループに転属(買収)、翌2006年7月1日から現ホテルとなった。
  • 3000人収容の巨大宴会棟、チャペル棟完備。アパホテル得意のビジネスホテル色に「海浜リゾート」のテイストをプラスした運営スタイルで、幕張メッセ隣接、羽田・成田両空港からリムジンバス1時間以内、TDRにも近いという立地を生かし、海外団体観光客の集客にもきわめて積極的。
  • 2013年時点で客室稼働率ほぼ100%近い活況をうけ、2014年4月10日から敷地内に新設された500室の別棟『ウエストウイング』が稼働開始。客室数が一気に5割増にパワーアップした。
  • 上記パワーアップ後も高稼働が続いているため、ホテル東側にもさらに500室の「イーストウィング」増築が決定(2015年8月着工、2016年10月12日プレオープン)。完成後は首都圏屈指の2001室体制となった。リリース
  • イーストウィングは同年12月7日グランドオープン予定。この日にはセントラルタワー1階のロビー改装、和食レストラン・カフェの新設。イーストウィングにはペットと同伴で泊れる客室6室も加わり、全体で計2007室になる。
  • 日本国内で客室数が最も多いのは「品川プリンスホテル」で、イースト、メイン、ノース、アネックスの4つの「タワー」をあわせて3,679室に達する。ここアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>は、ホテルニューオータニ(1,600室)などを抜いて(おそらく)全国第2位に躍り出たものと思われる。
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼