ホテル アイマーレ羽田 / Hotel Imalle Haneda

川崎市内のホテルだが「羽田」を名乗る、ホステル併設の小規模ビジネスホテル
 開店/更新: 2015年11月   創業/落成: 1994年   確認: 2016年4月29日 
  • 京急大師線「東門前(ひがしもんぜん)」駅徒歩6分。
  • 羽田空港は多摩川を渡った対岸・東方向。産業道路の橋を渡れば確かにさほど遠くはない位置ではある。
  • メインはツインルーム・ダブルルームだが、2段ベッド4台・計8名まで泊まれるドミトリーあり。
  • 駐車場3台分あり。宿泊者一泊1080円。
  • 旧称・汐湯旅館。以下は旧称当時の紹介記事。
  • 京急大師線「東門前(ひがしもんぜん)」駅徒歩5分。明治初期、海浜のお休み処として創業したのがルーツ、店主は数えて5代目という老舗。現在の建物は近代的な鉄筋のビルで、大小和室、洋式個室あり、計15室。神奈川県旅館生活衛生同業組合会員。
  • 建物の看板表記は「汐湯旅館」だが、近隣の電柱広告ではカタカナ表記で「ビジネスホテル シオユ旅館」となっていた。
  • 2015年11月27日から「ホテル アイマーレ羽田」に改称・改装グランドオープンとなった。もとの経営者が引き続き運営しているのか、どこかが引き継いだのかは未確認だが、新しい店名の「マーレ」はイタリア語の「海」(male)のことらしく、もとの店名にちなんでいるのかも?
sioyuryokan01.JPG
2013年7月
sioyuryokan02.JPG
2013年7月

周辺は昭和を感じさせる街並みが目立つ住宅街&商店街。取材当日はちょうど地元のお祭りだったようで、旅館の前をお神輿が通るところに遭遇した。

Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼