東京エキストラNOTES>神田川(TOPへ)神田川のページ>橋INDEX>

中之橋

新白鳥橋

白鳥橋

隆慶橋

船河原橋

小石川橋

後楽橋

→外堀へ

飯田橋

 Kandagawa quick Menu : TOP はじめに 変遷図 年表 文学 橋めぐり 書籍 リンク 東京の宿泊施設 交通情報 東京GOODS
 

隆慶橋(りゅうけいばし)[神田川]


MENU全画面表示


出版物やホームページ等への当サイト掲載写真原版(大半、より高解像度のものがあります)、資料ご提供に関しては、運営者にメール等でお問い合わせください。
ブックオフオンライン
photo
 このあたり、実際には真上に首都高速があるため橋は昼なお暗く、水はよどんで日によってかなり「におう」。そんな状態が1つ上流の白鳥橋あたりから1つ下流の船河原橋あたりまで続き、そのあと、川は大きく東にカーブしつつ外堀と合流、少し下流で日本橋川と神田川本流に別れることになる。

 正直、通るたびに気持ちが暗くなるような場所だが、そのことを抜いて景観をみるぶんには、橋の幅の狭さといい構造のいかめしさといい、奥(東詰)の下町的な景観といい、「昭和」を感じさせるなかなか魅力的なスポットといえなくもない。

 なお、この橋は本体の下流(写真右側)に歩道橋がかかっていて、物理的には明らかに別の橋なのだが、名称としては両方あわせて隆慶橋という扱いのようだ。

●幡随院長兵衛の死体が流された橋

 1600年代中ごろ、長期安定志向の世となって活躍や立身出世の場を失い、閉塞感をつのらせた旗本たちの中から、武士の立場をカサに江戸市中の町人たちに乱暴狼藉をはたらく集団=旗本奴(はたもとやっこ)=が出現。一方、町人身分のヤクザ集団=町奴(まちやっこ)=も同時期に登場してきた。
 立場は違えど両陣営ともに博打、ケンカ、男伊達の競い合いの日々である点は同じで、両者はことあるごとに反目しあう間柄となっていった。
 その町奴サイドのボスで、歌舞伎や講談の人気キャラクターとなったのが、浅草花川戸に本拠をおく親分・幡随院長兵衛(ばんずいいん・ちょうべえ)だ。
 本業は大名・旗本への奉公人の口入屋(就職斡旋業)で、旗本奴のボスである水野十郎左衛門とトラブルを起こし、数日後に屋敷に招かれて湯殿てだまし討ちにあって36歳の生涯を終えたといわれている。
 このとき、幡随院長兵衛の死体が流されたところが隆慶橋であったという話が久夢日記に出てくる。
 ということは、1600年代半ばにはすでにこの橋はあったことになる。
 また、同じ資料に殺害現場=水野十郎左衛門の屋敷は牛込御門内(今の飯田橋駅の牛込口の南側、千代田区内)と記されている。
 ということは、単に近所の川に捨てたというのではなく、闇にまぎれて中間(ちゅうげん)たちが死体を牛込門から門外に運び出し、さらに神田川(当時は江戸川)をわざわざ少しさかのぼって、橋の上から死体を捨てたということになる。

幡随院長兵衛とは

●実は由緒ある「角のタバコ屋」

 このあたりの神田川は文京区(写真奥)と新宿区(手前側)の境目。その文京区側は、広大な水戸藩上屋敷(現・後楽園)の西側の狭い一帯に小規模な武家屋敷と町屋がひしめいていたあたりで、今も下町の商店街ふうな雰囲気が残っている。
 なかでも目を引くのは写真正面のタバコ屋さんのレトロな看板だ。

 というところで以下は「江戸東京の神田川」からの受け売りだが、店名は「みみずく屋」といって、大正4年に日本で初めてタバコ小売所として認可を受け、店主は以後業界のリーダーとして活躍、昭和33年にタバコ販売業界としては初めて黄綬褒章を受けたという。
 ちなみにこのお店の玄関には、茗荷谷付近の工事現場から出土したという神田川上水の木樋が鴨居として利用されているそうだ。
photo
マップ
・この付近の衛星写真を表示(by Googleマップ)

この付近の地図を表示
by...mapion
初架橋:
不明(江戸時代)
現役橋
未確認
この映画のロケ地の1つです
「神田川」(1974) 詳細
周辺情報
最寄のバス停
大曲(都営バス 上69飯64各系統)
飯田橋(都営バス 飯64系統)
最寄の鉄道
東京メトロ有楽町線、南北線、東西線、都営大江戸線
JR中央総武緩行線 飯田橋駅
朝倉書店
新宿区新小川町6-29
(学術専門書出版大手)

東京都文京区の宿泊施設へ
東京都新宿区、杉並区、中野区の宿泊施設へ

※この辺に近いホテルというと文京区の後楽園1丁目近辺、もしくは新宿区の神楽坂近辺になります。


このページの先頭へ
神田川(TOPへ) 本日のページ表示回数(主要ページ合計)回 訪問者数
昨日のページ表示回数(主要ページ合計)回 訪問者数
PC Users' Yellow Page
ドミノ・ピザ